英仏独、イラン制裁“復活手続き”

 イラン核合意をめぐり、イギリス、フランス、ドイツの3か国は、イランに対する国連制裁の再開につながる手続きに踏み切りました。

 イギリス、フランス、ドイツの3か国は14日、イランが核合意の義務を果たしておらず、「残された選択肢はない」として、国連による制裁の再開につながる「紛争解決手続き」に踏み切りました。

 イランが5日、合意の制限を超えてウラン濃縮を進める方針を表明したためで、今後、一定期間内に協議で解決できなければ、国連安保理で制裁を再開するかどうかを決めることになります。アメリカがおととし、核合意を離脱して以降も合意維持を目指してきた3か国による今回の措置で、イランへの圧力がさらに強まった形です。

 これに対し、イラン外務省報道官は声明を発表し、「手続きを悪用するならば、その結果も受け入れなければならない」と警告。一方で、「合意の維持のための善意と努力には応える用意がある」としています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

1月21日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:1月22日 0時02分

ニュース番組ダイジェスト

1月21日(火)の国際ニュース

1月20日(月)の国際ニュース

1月19日(日)の国際ニュース

1月18日(土)の国際ニュース

1月17日(金)の国際ニュース

1月16日(木)の国際ニュース

1月15日(水)の国際ニュース

1月14日(火)の国際ニュース

過去のニュース