新幹線殺傷の小島一朗被告「確実に殺せると通路側を」

 東海道新幹線で乗客3人を殺傷した罪に問われている男が、3日の裁判で、「確実に1人は殺せるだろうと思って通路側の席を選んだ」などと話しました。

 小島一朗被告(23)は去年6月、走行中の東海道新幹線の車内で乗客の男女3人をナタなどで襲い、会社員の梅田耕太郎さん(38)を殺害したうえ、女性2人にけがをさせたとして、殺人などの罪に問われています。小島被告は自分の席の隣に座っていた女性を最初に襲っていましたが、その理由について、3日の裁判でこう話しました。

 「窓際にいる人を確実に1人は殺せるだろうと思って、通路側の席を選んだ」(小島被告)

 その一方で、「3人殺したら死刑になるので、2人までにしようと考えていました」などとも語った小島被告。裁判では小島被告の父親の調書が読み上げられました。小島被告が中学生のときに、「水筒が欲しいと言われて中古の水筒を与えたら、包丁や金づちを投げつけてきた」と調書の中で明らかにしました。

 「少年院に入れると思って、父親にトンカチを投げて、包丁を向けました。刑務所に入ることが子どもの頃からの夢だった」(小島被告)

 また、自殺願望があるか問われた小島被告は、「子どもの頃からの夢である刑務所にもう少しで入れるでしょうから、全くありません」などと語りました。

 裁判長から「質問だけに答えて下さい」と注意を受けるほど饒舌だった小島被告。4日は検察側による被告人質問が行われます。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

12月7日(土)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:12月07日 12時02分

ニュース番組ダイジェスト

12月7日(土)の社会ニュース

12月6日(金)の社会ニュース

12月5日(木)の社会ニュース

12月4日(水)の社会ニュース

12月3日(火)の社会ニュース

12月2日(月)の社会ニュース

12月1日(日)の社会ニュース

11月30日(土)の社会ニュース

過去のニュース