1分23秒

「首絞められた」児童の訴え放置、千葉・流山市

 千葉県流山市の小学校で1年生の男子児童が担任の教諭から「首を絞められた」などと訴えたものの、学校側が1年半以上、問題を放置していたことがわかりました。

 流山市の報告書などによりますと、2017年、当時小学1年の男子児童が担任の男性教諭から水筒を壊されたり、首を絞められたりしたと訴えました。

 「先生は床に向かって水筒を持ってバーンと投げました。僕の首にこうやってやってきて」(被害訴えた児童)

Q.両手ですか?片手ですか?

 「片手で。『やめて苦しい』と言ったら、先生は手を放して『わざとじゃありません』『(自分が)悪いことするからでしょ』っていった」(被害訴えた児童)

 男児の両親によると、再三の求めに応じて学校側が調査を始めたのは問題が起きてから1年半後のことで、教諭が、人権意識の欠如などが原因で、水筒を壊したと認めた一方、首を絞めたことは否定しました。

 「指先を血が出るまでかんでたりだとか、学校行きたくない、死にたいと言ったりだとか」(男児の母親)

 男児の両親は「不信感がある」として、学校などに問題の再調査を求めています。一方、流山市教育委員会は「コメントは一切差し控える」としています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

12月7日(土)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:12月07日 11時02分

ニュース番組ダイジェスト

12月7日(土)の社会ニュース

12月6日(金)の社会ニュース

12月5日(木)の社会ニュース

12月4日(水)の社会ニュース

12月3日(火)の社会ニュース

12月2日(月)の社会ニュース

12月1日(日)の社会ニュース

11月30日(土)の社会ニュース

過去のニュース