0分45秒

東久留米市の男性遺体、空き巣の手口で侵入か

 8日、東京・東久留米市の住宅で55歳の男性の遺体が見つかった強盗殺人事件で、1階のリビングの窓ガラスが空き巣の手口で割られていたことが分かりました。

 この事件は8日午後、東久留米市の住宅2階のベッドで、会社員の二岡一浩さん(55)が胸や首を30か所以上刺されて死亡しているのが見つかったものです。

 同居する女性(50代)とその娘(20代)は海外旅行中で、家には二岡さんのみが残っていましたが、捜査関係者への取材で、玄関隣にあるリビングの窓ガラスの鍵のあたりが空き巣の手口で割られ、熱を加えたとみられる30センチほどの跡が見つかったことが分かりました。また、全ての部屋に物色された形跡があったということです。

 二岡さんのベッドの上の天井にも血痕が見つかったということで、警視庁は寝ていたところを襲われたとみて、強盗殺人事件として捜査しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

11月14日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:11月14日 8時02分

ニュース番組ダイジェスト

11月14日(木)の社会ニュース

11月13日(水)の社会ニュース

11月12日(火)の社会ニュース

11月11日(月)の社会ニュース

11月10日(日)の社会ニュース

11月9日(土)の社会ニュース

11月8日(金)の社会ニュース

11月7日(木)の社会ニュース

過去のニュース