0分46秒

「PAC3」に不具合、河野防衛相は報告受けず

 航空自衛隊が行った地上配備型の迎撃ミサイル「PAC3」の展開訓練の際、機材の不具合が起きていたにもかかわらず、河野大臣はこの事実を把握していなかったことが明らかになりました。

 訓練は6日、航空自衛隊が愛知県の日進市で行ったものです。訓練ではレーダーや発射機などを組み立て、迎撃態勢に入る一連の手順を確認しましたが、その際、発射機を支える部分に不具合があり、「PAC3」が展開できませんでした。

 これについて河野防衛大臣は。

 「それはちょっと後ほど事務方から、何があったか説明させます。(Q.大臣はそれはまだ?)(報告は)受けていません」(河野太郎防衛相)

 伊藤報道官は、「担当課の判断で情報を大臣にあげていなかった」としていて、防衛省内の情報伝達に問題があったことが浮き彫りになった形です。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

11月14日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:11月14日 8時02分

ニュース番組ダイジェスト

11月14日(木)の政治ニュース

11月13日(水)の政治ニュース

11月12日(火)の政治ニュース

11月11日(月)の政治ニュース

11月9日(土)の政治ニュース

11月8日(金)の政治ニュース

11月7日(木)の政治ニュース

過去のニュース