0分42秒

国連で米のキューバ制裁解除求める決議、28年連続で採択

 アメリカがキューバに科している経済制裁について、解除するよう求める国連総会の決議が28年連続で採択されました。アメリカとイスラエルに加え、初めてブラジルが反対に回りました。

 決議は、アメリカが半世紀以上続けているキューバへの経済制裁を全面解除するよう求めるもので、日本を含む圧倒的多数の賛成で1992年以来、28年連続で採択されました。

 反対したのは3か国のみで、例年通りのアメリカとイスラエルに加え、今回、初めてブラジルも反対に回りました。今年就任したボルソナロ大統領がアメリカ・トランプ大統領に配慮したものと見られています。

 国連総会の決議には法的拘束力はなく、制裁解除にはアメリカ議会の承認が必要です。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

11月14日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:11月14日 2時02分

ニュース番組ダイジェスト

11月14日(木)の国際ニュース

11月12日(火)の国際ニュース

11月11日(月)の国際ニュース

11月10日(日)の国際ニュース

11月9日(土)の国際ニュース

11月8日(金)の国際ニュース

11月7日(木)の国際ニュース

過去のニュース