1分17秒

香港の抗議活動で初の死者

 香港で4日に抗議活動に参加していたとみられる男子大学生が警察の強制排除の際に駐車場から転落し重体となっていましたが、8日朝、死亡しました。一連の抗議活動で死者が出るのは初めてです。

 死亡したのは22歳の男子大学生で、4日未明、駐車場の2階で頭から血を流して倒れている状態で見つかり、その後、意識不明の状態が続いていました。当時、現場では警察への抗議活動が行われていて、一部の参加者が周辺の道路を封鎖するなどしたことから、警察が催涙弾を使って強制排除を行っていました。大学生の当時の状況については詳しく分かっていませんが、抗議活動に参加していたとみられていて、警察は「3階部分から誤って転落した可能性がある」と説明しています。

 「非常にショックで悲しいです。彼の死因、その真相を香港の人々に必ず知らせなければなりません」(民主派団体メンバー 周庭さん)

 「民主の女神」とも呼ばれる民主派団体メンバー、周庭さんはこのように述べた上で、香港政府と警察に対し、公平で透明性のある調査を求めました。一連の抗議活動で死者が出るのは初めてで、今後、抗議活動がさらに激しくなる可能性があります。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

11月14日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:11月14日 7時02分

ニュース番組ダイジェスト

11月14日(木)の国際ニュース

11月13日(水)の国際ニュース

11月12日(火)の国際ニュース

11月11日(月)の国際ニュース

11月10日(日)の国際ニュース

11月9日(土)の国際ニュース

11月8日(金)の国際ニュース

11月7日(木)の国際ニュース

過去のニュース