1分3秒

中国 麻薬密輸罪、愛知・元稲沢市議に無期懲役の判決

 中国・広州市の裁判所は8日、愛知県稲沢市の元市議に対し、広東省で覚醒剤を密輸しようとしたとして、無期懲役の判決を言い渡しました。

 稲沢市の元市議・桜木琢磨被告(76)は、2013年10月、広州市の空港でスーツケースの中に覚醒剤3キロあまりを持っていた麻薬運搬罪に問われました。桜木被告は無罪を主張した一方、検察側は「15年以上の懲役または死刑」を求刑していました。そして、裁判所は8日の公判で罪名を麻薬密輸罪に切り替え、桜木被告に対し、無期懲役の判決を言い渡しました。

 中国の法律では、50グラム以上の覚醒剤密輸の最高刑は死刑ですが、75歳以上には死刑が適用されないため、今回は回避されたものとみられます。桜木被告は「受け入れられない」として上訴する方針です。

 裁判は、およそ5年にわたり判決公判が延期される異例の事態となっていました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

11月14日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:11月14日 8時02分

ニュース番組ダイジェスト

11月14日(木)の国際ニュース

11月13日(水)の国際ニュース

11月12日(火)の国際ニュース

11月11日(月)の国際ニュース

11月10日(日)の国際ニュース

11月9日(土)の国際ニュース

11月8日(金)の国際ニュース

11月7日(木)の国際ニュース

過去のニュース