1分17秒

米司法省 ツイッター元従業員らをスパイ罪などで起訴、サウジに協力か

 サウジアラビアの王室に批判的なツイッター利用者の個人情報を盗み出したとして、アメリカ司法当局はツイッター社の元従業員ら3人をスパイ罪などで起訴しました。

 アメリカ司法省は7日までに、ツイッター社の元従業員のサウジアラビア人とアメリカ人、さらにこの2人とサウジアラビア当局との仲介役を担ったサウジアラビア人のあわせて3人の男をスパイ罪などで起訴したことを発表しました。

 訴状などによりますと、元従業員2人は2014年から2015年にツイッターで、サウジアラビア王室に批判的な投稿をした利用者の生年月日やメールアドレス、電話番号などを入手するために、社内のシステムから6000以上のアカウントの個人情報にアクセス。その見返りとして、サウジアラビア側から腕時計や現金などを受け取ったということです。

 アメリカ人の男は逮捕されましたが、ほかの2人は既に帰国しています。現地メディアによりますと、サウジアラビア人がアメリカ国内でのスパイ行為で起訴されたのは初めてです。

 また、アクセスされたアカウントの中には、去年、殺害されたサウジアラビア人記者のカショギ氏と親しい人物も含まれているということで、サウジアラビア当局による反体制派の把握が目的だった可能性があると指摘しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

11月14日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:11月14日 3時02分

ニュース番組ダイジェスト

11月14日(木)の国際ニュース

11月12日(火)の国際ニュース

11月11日(月)の国際ニュース

11月10日(日)の国際ニュース

11月9日(土)の国際ニュース

11月8日(金)の国際ニュース

11月7日(木)の国際ニュース

過去のニュース