0分51秒

台風被害受け、政府が非常災害対策本部を設置

 政府は台風19号による被害を受けて、去年の西日本豪雨以来となる非常災害対策本部の設置を決めました。

 「広範囲にわたる甚大な被害を踏まえ、本日、非常災害対策本部を設置いたします」(安倍首相)

 政府は、台風による被害が広範囲かつ深刻なことから大規模な災害が発生した際に設けられる非常災害対策本部を立ち上げることを決めました。また、被害の実態把握のため、長野・福島両県に情報先遣チームを派遣するほか、武田防災担当大臣が長野県を訪れます。

 安倍総理は関係閣僚らに対し、「人命第一で災害応急対策に取り組む」よう指示しています。

 こうした中、14日に予定されていた海上自衛隊の観艦式は、台風被害を理由に中止となりました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

10月16日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月16日 20時02分

ニュース番組ダイジェスト

10月15日(火)の政治ニュース

10月13日(日)の政治ニュース

10月12日(土)の政治ニュース

10月11日(金)の政治ニュース

10月10日(木)の政治ニュース

10月9日(水)の政治ニュース

過去のニュース