1分2秒

自衛隊、1都10県に災害派遣

 防衛省は、1都10県で24件の災害派遣要請があったことを受けて自衛隊による救援活動をおよそ700人規模で展開していると発表しました。これまで114人以上を救助したということです。

 「必要なところに適宜、災害派遣あれば出動したい」(河野太郎 防衛相)

 自衛隊は13日午後0時30分現在、1都10県で24件の災害派遣要請があったことを受けて、およそ700人規模で救援活動を展開しています。河野防衛大臣は自衛隊の災害派遣の状況についておよそ2万7000人態勢で、自治体や東京電力など252か所に連絡員を派遣し、対応にあたっていると述べました。

 特に被害が大きい長野県の千曲川や福島県の阿武隈川周辺には、つりあげ装置のついているヘリを派遣し、孤立した住民の救助を行っていることも明らかにしました。防衛省によりますと、ヘリなどでこれまで114人以上を救助したということです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

10月16日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月16日 20時02分

ニュース番組ダイジェスト

10月15日(火)の政治ニュース

10月13日(日)の政治ニュース

10月12日(土)の政治ニュース

10月11日(金)の政治ニュース

10月10日(木)の政治ニュース

10月9日(水)の政治ニュース

過去のニュース