0分47秒

北京とプラハ 台湾めぐり友好都市関係解消

 中国政府は、チェコ・プラハ市の幹部が「台湾問題などで不当な言論を発表した」として、北京市とプラハ市の友好都市の関係を解消したと明らかにしました。

 「北京市はプラハとの友好都市関係を解消し、双方のすべての政府間往来を一時停止する」(中国外務省 耿爽報道官)

 中国外務省の耿爽報道官は10日の会見で、友好都市解消の理由について、プラハ市の主要な幹部が「中国の立場を顧みず、台湾やチベットなどの重大な問題で不当な言論を発表した」と述べました。

 プラハ市は2016年に北京市と友好都市の協定を結びましたが、去年就任したズデニェク・フリブ市長が友好都市の協定文書に記載された台湾は中国の一部だとする「一つの中国」の原則を削除するよう求め、中国側が反発していました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

10月16日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月16日 20時02分

ニュース番組ダイジェスト

10月16日(水)の国際ニュース

10月15日(火)の国際ニュース

10月14日(月)の国際ニュース

10月13日(日)の国際ニュース

10月12日(土)の国際ニュース

10月11日(金)の国際ニュース

10月10日(木)の国際ニュース

10月9日(水)の国際ニュース

過去のニュース