1分32秒

衆院予算委 本格論戦スタート、“憲法改正”“関電問題”野党が追及

 国会は10日から衆議院予算委員会で論戦が始まりました。安倍総理が出席して、憲法改正などについて議論が交わされています。

 「本当に円満円滑にやるのであれば、今の自民党の条文イメージ案、特に9条の改正案は取り下げませんか、一旦」(国民民主党 玉木雄一郎代表)

 「9条に自衛隊を明記するということは、大変、大切なことだと思っていますから、それをご議論いただきたいと思っていますが、まさに憲法審査会でご議論いただく。我々も、私たちの条文イメージどおりになるとは、それぞれが3分の2という高いハードルですから、そこでご議論いただければ」(安倍首相)

 国民民主党の玉木代表は安倍総理に対し、国会で憲法論議を進めるため、自民党がまとめた憲法改正案の中で野党が強く抵抗する9条改正を取り下げるよう提案しました。これに対し、安倍総理は玉木氏の提案には応じず、憲法審査会などで改憲論議を進めるよう呼びかけました。

 また、関西電力の役員らが多額の金品を受け取っていた問題をめぐって、野党側は菅原経済産業大臣に対し、関西電力が事実を解明するために設けた第三者委員会による報告書を速やかに提出するよう促すことを求めました。

 これに対し菅原大臣は、元検事などにより構成される独立した機関であることなどを理由に第三者委員会の動きを見守る考えを示しました。

 野党側は、事実を解明するため関西電力の役員らを国会に招致し、追及したい考えです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

10月16日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月16日 16時02分

ニュース番組ダイジェスト

10月16日(水)の政治ニュース

10月15日(火)の政治ニュース

10月14日(月)の政治ニュース

10月13日(日)の政治ニュース

10月12日(土)の政治ニュース

10月11日(金)の政治ニュース

10月10日(木)の政治ニュース

10月9日(水)の政治ニュース

過去のニュース