米NBA“香港批判”めぐり波紋、中国パートナー企業契約見直し相次ぐ

 香港の抗議活動を支持したツイートをめぐり、アメリカのNBA=プロバスケットボールリーグに対する中国側の反発が強まっています。10日に非公式戦が行われる上海では、ポスターが急遽外されるなど波紋が広がっています。

 「上海のこちらの会場で、ネッツとレイカーズの試合がきょう行われます。沿道にはNBAのポスターが飾られていたのですが、現在は中国国旗に変わっています」(記者)

 事の発端は、ヒューストン・ロケッツの幹部が「香港デモを支持する」とのツイートで中国の反発を招き、NBAのトップが謝罪を拒否したことです。

 NBAは、10日の試合は予定通り行うと発表しましたが・・・

 「(ツイートは)絶対に認めない、謝るべきだ。NBAの試合を見るのは、きょうで最後です」(観戦客)

 「中国は私の母国です。NBA(バスケットボール)のために、国の誇りを捨てるわけにはいかない」(観戦客)

 9日も選手の記者会見が中止になったほか、会見場近くのビルに貼られていた巨大な広告が撤去されています。

 中国メデイアは、12の企業がNBAとのパートナー契約の見直しを決めたと報じていて、政治をめぐる発言での混乱がスポーツの世界にも波紋を広げています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

10月16日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月16日 16時02分

ニュース番組ダイジェスト

10月16日(水)の国際ニュース

10月15日(火)の国際ニュース

10月14日(月)の国際ニュース

10月13日(日)の国際ニュース

10月12日(土)の国際ニュース

10月11日(金)の国際ニュース

10月10日(木)の国際ニュース

10月9日(水)の国際ニュース

過去のニュース