3分4秒

台風19号、12日土曜日に関東・東海直撃へ

 大型で猛烈な台風19号は、12日土曜日に東海から関東地方に上陸する可能性が高くなっています。台風15号の被災地・伊豆大島や千葉県では、台風への備えが進んでいます。

 台風が接近する小笠原諸島の父島で、午後1時ごろに撮影された映像です。強風にヤシの木が大きく揺れています。大型で猛烈な台風19号は正午現在、父島の南西およそ440キロ付近を北上中です。

 19号の進路にあたり、先月の台風15号でも被災した伊豆大島では・・・

 「こちら校舎ですが、ベニヤ板が2階部分貼り付けられていますね。ただ3階部分見ると、まだ窓も付いていないですね」(記者)

 大島海洋国際高校では先月、窓ガラスおよそ180枚が割れ、生徒は被害のなかった理科室などで授業を受けています。

 「また同じ通路(ルート)なので、ガラスとか割れたら、また、長引いちゃったりして、勉強が進まなくなっちゃって、嫌だなって思います」(生徒)

 寮生活をしている生徒は、先月に続き、今回も10日から船で実家などに身を寄せるということです。

 台風15号の被災地・千葉県館山市のスーパーでは、台風19号に備え、10日朝の開店と同時に食料品を買い込む人が殺到し、開店後すぐに水は売り切れになりました。

 「今のうちにと思っているけど、すでに遅かったみたいで。昨日の夕方も来たけど、どこのスーパーも無かったので」(買い物客)

 グループホームに勤務しているというこちらの女性は、缶詰を大量に購入しました。

 「非常食で、10日間ぐらいの停電を想像して」(買い物客)

 千葉県多古町の山林でも、ある対策が行われていました。

 「倒れかかった樹木の伐採作業が始まりました」(記者)

 東京電力の作業員らが新たな台風の強風に備え、電線に倒れそうな木の枝を事前に伐採する作業を行っていました。

 今回の台風も、交通に大きな影響を与えそうです。JR東日本は、12日土曜日から13日日曜日にかけて、首都圏で列車の運転を計画運休する可能性があると発表しました。詳細は11日午前中に明らかにするとしています。東急電鉄など首都圏の私鉄各社も、12日と13日にかけて計画運休とする可能性があると発表しています。

 さらに影響は、こんなところにも・・・

 「台風の大きな影響が予想されているから、安全を根拠に試合を中止することも含まれています」(ラグビーW杯組織委 アラン・ギルピンCOO)

 開催中のラグビーワールドカップでは、12日土曜日に愛知県と横浜市で開催予定だった2試合の中止が決まりました。ラグビーワールドカップの試合が中止になるのは、初めてのことです。また、日本の史上初の決勝トーナメント進出がかかるスコットランド戦などが予定されている13日日曜日の試合は、当日の朝に開催を判断するということです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

10月16日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月16日 21時02分

ニュース番組ダイジェスト

10月16日(水)の社会ニュース

10月15日(火)の社会ニュース

10月14日(月)の社会ニュース

10月13日(日)の社会ニュース

10月12日(土)の社会ニュース

10月11日(金)の社会ニュース

10月10日(木)の社会ニュース

10月9日(水)の社会ニュース

過去のニュース