1分3秒

韓国への輸出管理強化、あすスイスで2国間協議

 日本が韓国への輸出管理を強化した問題をめぐり、韓国政府がWTO=世界貿易機関への提訴を開始したことを受け、経済産業省は11日、スイスで2国間協議を行うと発表しました。

 韓国政府は先月11日、日本による半導体材料など3品目の輸出管理の強化は「差別的な措置だ」などとして、WTO=世界貿易機関に提訴する手続きを開始しました。これを受け、経済産業省は、11日、スイス・ジュネーブにあるWTOの本部で韓国側との2国間協議を行うと発表しました。

 日本側は、輸出管理の強化について「大量破壊兵器の不拡散などの観点から、適切な運用の見直しであり、WTO協定とも整合的」との従来の立場を改めて主張する方針です。提訴から60日以内に協議で解決しなかった場合には、裁判の1審に相当する「パネル」での審理に移ることになりますが、双方の主張の隔たりは大きく、問題の長期化は必至な情勢です。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

10月16日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月16日 16時02分

ニュース番組ダイジェスト

10月15日(火)の経済ニュース

10月14日(月)の経済ニュース

10月13日(日)の経済ニュース

10月12日(土)の経済ニュース

10月11日(金)の経済ニュース

10月10日(木)の経済ニュース

10月9日(水)の経済ニュース

過去のニュース