0分52秒

吉野彰さんが教授務める名城大もノーベル賞受賞に沸く

 ノーベル化学賞の発表から一夜明け、吉野彰さんが教授を務める名古屋の名城大学では、受賞を祝う喜びの声が聞かれました。

 「ノーベル賞発表から一夜明け、名城大学では、吉野先生を称える垂れ幕が下ろされています」(記者)

 リチウムイオン電池の開発でノーベル化学賞を受賞した吉野彰さん。自ら教授として教壇に立つ名古屋の名城大学は、一夜明けた10日朝も祝賀ムードに包まれました。

 「めちゃくちゃすごいですね。ニュースで見て『えーっ!すごい』と思って」(名城大の学生)

 「光栄です。やる気も上がってきます」(名城大の学生)

 「まさか自分が在学中に、こんなことが起きるなんて思わなかったですね」(名城大の学生)

 「何か頑張ろうかなとは考えますね」(名城大の学生)

 学内の生協では、吉野さんが開発に携わったリチウムイオン電池が2割り引きで販売され、開店から1時間あまりで売り切れとなりました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

10月16日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月16日 20時02分

ニュース番組ダイジェスト

10月16日(水)の社会ニュース

10月15日(火)の社会ニュース

10月14日(月)の社会ニュース

10月13日(日)の社会ニュース

10月12日(土)の社会ニュース

10月11日(金)の社会ニュース

10月10日(木)の社会ニュース

10月9日(水)の社会ニュース

過去のニュース