0分54秒

三つ子の次男 暴行死、母親の実刑確定

 去年、愛知県豊田市で、三つ子の生後11か月の次男を畳にたたきつけ死亡させた罪に問われていた、母親の実刑が9日、確定しました。

 この裁判は去年1月、松下園理被告(31)が豊田市の自宅で育児ノイローゼの末、三つ子の生後11か月の次男を畳の上にたたきつけて死亡させた傷害致死の罪に問われたものです。

 弁護側は、「産後うつ病の影響で善悪を判断する能力が低下していた」と執行猶予を求めていましたが、一審の名古屋地裁は「泣きやまないことへのいらだちからの犯行は身勝手」などとして、懲役3年6か月の実刑判決を言い渡し、二審もこれを支持。弁護側、検察側ともに期限までに上告せず、9日、判決が確定しました。

 母親だけに育児がのしかかる状態で起きた今回の事件に、双子や三つ子を育てる「多胎家庭」を支援する団体は、「今後悲しい事件がおきないよう、支援のネットワークを広げていきたい」と話しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

10月16日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月16日 20時02分

ニュース番組ダイジェスト

10月16日(水)の社会ニュース

10月15日(火)の社会ニュース

10月14日(月)の社会ニュース

10月13日(日)の社会ニュース

10月12日(土)の社会ニュース

10月11日(金)の社会ニュース

10月10日(木)の社会ニュース

10月9日(水)の社会ニュース

過去のニュース