0分53秒

豚コレラ感染確認、埼玉の養豚場で殺処分続く

 埼玉県では秩父市の養豚場から出荷されたブタが豚コレラに感染していたことを受けて、13日夜からブタの処分が続けられています。

 埼玉県によりますと、今月11日に秩父市の養豚場から山梨県笛吹市の食肉流通センターに出荷されたブタが豚コレラに感染していたことが13日、確認されたということです。埼玉県はこの養豚場で飼育されている753頭のブタの処分を14日中に終える方針です。作業はおよそ150人態勢で進められています。16日までに消毒や処分したブタを埋める作業も完了する見通しです。

 豚コレラは去年9月に岐阜県で発生し、感染が拡大していましたが、感染拡大以降、関東地方で確認されたのは初めてのことです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

9月18日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月18日 9時02分

ニュース番組ダイジェスト

9月18日(水)の社会ニュース

9月17日(火)の社会ニュース

9月16日(月)の社会ニュース

9月15日(日)の社会ニュース

9月14日(土)の社会ニュース

9月13日(金)の社会ニュース

9月12日(木)の社会ニュース

9月11日(水)の社会ニュース

過去のニュース