0分45秒

長野県の畜産試験場で豚コレラ、殺処分を開始

 長野県の畜産試験場で研究用に飼育されていたブタが豚コレラに感染していたことがわかり、県はおよそ350頭の殺処分を始めました。

 豚コレラの感染が確認されたのは、長野県塩尻市にある県の畜産試験場のブタで、12日、研究用に飼育されている1頭がおう吐しているのが見つかり、14日朝、国の検査で陽性が確定しました。

 県は午前7時過ぎから飼育しているおよそ350頭の殺処分を開始し、重機を使って敷地内に埋めるための穴を掘る作業を行っています。

 長野県の養豚施設での豚コレラの感染は、今年2月以来2例目です。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

9月18日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月18日 9時02分

ニュース番組ダイジェスト

9月18日(水)の社会ニュース

9月17日(火)の社会ニュース

9月16日(月)の社会ニュース

9月15日(日)の社会ニュース

9月14日(土)の社会ニュース

9月13日(金)の社会ニュース

9月12日(木)の社会ニュース

9月11日(水)の社会ニュース

過去のニュース