0分41秒

米 “前提条件なし”で会談の用意、「イラン大統領と」実現に意欲

 アメリカのポンペオ国務長官は10日、トランプ大統領がイランのロウハニ大統領と「前提条件をつけずに会う用意がある」と述べ、今月下旬に開かれる国連総会の場での会談の実現に意欲を示しました。

 「大統領は前提条件をつけずに会う用意があることを非常に明確にしている」(ポンペオ国務長官)

 ポンペオ氏は10日、トランプ大統領とイランのロウハニ大統領との会談について、このように述べたほか、今月下旬にニューヨークで開かれる国連総会の場での会談の可能性を記者から質問されたのに対し、否定せず、実現に意欲を示しました。

 トランプ氏は10日、イランに対する強硬派として知られてきたボルトン大統領補佐官を更迭しましたが、ムニューシン財務長官は「最大の圧力をかける政策は維持する」と述べ、イランへの制裁を緩和する考えはないことを強調しました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

9月18日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月18日 14時02分

ニュース番組ダイジェスト

9月18日(水)の国際ニュース

9月17日(火)の国際ニュース

9月16日(月)の国際ニュース

9月15日(日)の国際ニュース

9月14日(土)の国際ニュース

9月13日(金)の国際ニュース

9月12日(木)の国際ニュース

9月11日(水)の国際ニュース

過去のニュース