0分30秒

最新鋭ステルス戦闘機「F35B」導入を正式決定

 防衛省は、事実上、空母化する「いずも型護衛艦」に搭載される短距離離陸・垂直着陸戦闘機として、「F35B」の導入を正式に決定しました。

 「F35B」はアメリカのロッキード・マーチン社が製造する最新鋭のステルス戦闘機です。短距離滑走での離陸と垂直での着陸が可能で、事実上、空母化される「いずも型護衛艦」2隻に搭載されることになります。

 防衛省は今年度から5年間にわたり予算措置を行い、「F35B」18機を順次、取得する予定で、1機あたりの費用は100数十億円に上る見通しです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

8月22日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:8月22日 9時02分

ニュース番組ダイジェスト

8月22日(木)の政治ニュース

8月20日(火)の政治ニュース

8月19日(月)の政治ニュース

8月18日(日)の政治ニュース

8月17日(土)の政治ニュース

8月16日(金)の政治ニュース

8月15日(木)の政治ニュース

過去のニュース