0分54秒

ユニゾHD、ソフトバンクG系投資ファンドのTOBに賛同

 旅行大手「エイチ・アイ・エス」から敵対的なTOB=株式公開買い付けを受けているホテル運営のユニゾホールディングスは、対抗策として、投資ファンドによるTOBに賛同すると表明しました。

 不動産やホテルの運営を手がけるユニゾをめぐっては、先月、エイチ・アイ・エスが会見を開き、TOBを開始しましたが、その後、ユニゾ側が反対を表明し、敵対的なTOBに発展していました。

 ユニゾは対抗策として、友好的な第三者の企業、いわゆる「ホワイト・ナイト」に買収してもらうことを検討していましたが、16日の取締役会でソフトバンクグループ系の投資ファンド「フォートレス・グループ」によるTOBへ賛同すると全会一致で決めました。

 ファンドは株式の買い付け価格について、エイチ・アイ・エスが提示していた「1株=3100円」を上回る「1株=4000円」を提示し、すべての株式の取得を目指す考えです。今後はエイチ・アイ・エスの反応が焦点となります。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

8月22日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:8月22日 9時02分

ニュース番組ダイジェスト

8月22日(木)の経済ニュース

8月20日(火)の経済ニュース

8月19日(月)の経済ニュース

8月16日(金)の経済ニュース

8月15日(木)の経済ニュース

過去のニュース