1分8秒

香港空港、武装警察が若者“強制排除”

 香港の国際空港では、13日も逃亡犯条例の改正案に反対する若者らが抗議を行い、2日連続の欠航となりました。警察は夜になり強制排除に乗り出し、一部では衝突が起きました。

 「警察が今、到着しました。こちらの場所に警察が来た途端に、大勢の向こうからのデモ隊、抗議しています」(記者)

 日本時間14日午前0時前、香港警察が空港に現れ抗議活動をしていた若者たちに解散するよう要求しました。若者たちはレーザーポインターを照射したりペットボトルを投げつけたりしたため、警察はいったん撤退しましたが、その後、武装した警察官が空港に突入し若者ら数人を拘束・連行しました。

 「今、デモの参加者を連行していきます」(記者)

 香港国際空港では13日夕方、1000人以上の若者たちが空港の出発口を封鎖したため、搭乗手続きが停止され400便以上が欠航となりました。14日も空港で抗議活動を行うよう訴える呼びかけがSNS上で拡散されていて、通常の運航ができるようになるか不透明な状況です。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

8月19日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:8月19日 13時02分

ニュース番組ダイジェスト

8月18日(日)の国際ニュース

8月17日(土)の国際ニュース

8月16日(金)の国際ニュース

8月15日(木)の国際ニュース

8月14日(水)の国際ニュース

8月13日(火)の国際ニュース

8月12日(月)の国際ニュース

過去のニュース