1分24秒

山陽新幹線、台風10号で「計画運休」検討

 台風の影響が夏休みの交通機関にも広がっています。

 鉄道各社ではすでに台風の接近を見越した計画運休が検討されています。JR西日本は15日の山陽新幹線の運転を終日見合わせる可能性があると発表しました。詳しい運転計画は14日午前11時にホームページなどで発表するということです。

 JR九州も早ければ14日から九州新幹線や在来線で運休や遅れが出る可能性を発表しています。

 また、JR東海も東海道新幹線について、15日、山陽新幹線と直通する列車を中心に本数を減らして運転する可能性があると発表しました。山陽新幹線との直通運転を取りやめ、東京駅と新大阪駅の間で折り返し運転を行う場合もあるということです。

 続いて空の便です。台風による強い風などの影響で全日空は14日に宮崎を出発する2便で、日本航空は14日に宮崎や鹿児島を発着する一部の便で欠航を決めました。14日から15日にかけて欠航や遅延などの影響が広がる可能性もあり、航空各社は最新の情報を確認するよう呼びかけています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

8月19日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:8月19日 12時02分

ニュース番組ダイジェスト

8月19日(月)の社会ニュース

8月18日(日)の社会ニュース

8月17日(土)の社会ニュース

8月16日(金)の社会ニュース

8月15日(木)の社会ニュース

8月14日(水)の社会ニュース

8月13日(火)の社会ニュース

8月12日(月)の社会ニュース

過去のニュース