0分41秒

女性教員が酒気帯び運転で逆走か、2人けが

 13日夜、広島県尾道市の国道トンネルで、軽乗用車2台が正面衝突する事故があり、2人がけがをしました。警察は、福山市の女性教員が酒気帯び運転し、逆走していたとみています。

 警察によりますと、13日午後11時ごろ、広島県尾道市の国道2号「松永バイパス」上り線のトンネル内で、福山市に住む49歳の女性教員の運転する車が追い越し車線を逆走し、男性会社員の軽乗用車と正面衝突しました。

 この事故で、女性教員は腰や胸の骨を折るなどの重傷、男性も軽いけがをしました。女性教員の呼気からは、基準値を超えるアルコールが検出されたということです。

 警察は、女性の回復を待って、酒気帯び運転の疑いでも事情を聴くことにしています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

7月19日(金)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:7月19日 2時02分

ニュース番組ダイジェスト

7月19日(金)の社会ニュース

7月17日(水)の社会ニュース

7月16日(火)の社会ニュース

7月15日(月)の社会ニュース

7月14日(日)の社会ニュース

7月13日(土)の社会ニュース

7月12日(金)の社会ニュース

7月11日(木)の社会ニュース

過去のニュース