0分47秒

イオンカードで不正利用、被害2200万円

 イオン銀行が発行するクレジットカード向けのインターネットサイトが不正アクセスを受け、およそ2200万円が不正に利用されていたことが明らかになりました。

 不正アクセスを受けたのは、イオンのカード会員向けサービス「暮らしのマネーサイト」とスマートフォン向けアプリ「イオンウォレット」です。

 先月28日から今月3日までに1917件のアカウントに不正なアクセスがあり、そのうち708件で、あわせておよそ2200万円の不正利用が発覚しました。

 イオンフィナンシャルサービスによりますと、現在、不正ログインされた可能性のある顧客には連絡をとり、IDを無効にするなどの対策を講じているということです。

 イオンカードのネット会員はおよそ900万人に上り、現在も調査は続いていて、被害額が固まり次第、警察に被害届を出すとしています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

6月20日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:6月20日 16時02分

ニュース番組ダイジェスト

6月19日(水)の経済ニュース

6月18日(火)の経済ニュース

6月17日(月)の経済ニュース

6月16日(日)の経済ニュース

6月15日(土)の経済ニュース

6月14日(金)の経済ニュース

6月13日(木)の経済ニュース

過去のニュース