1分1秒

自民・甘利氏、参院選「特定枠」に島根の候補者擁立の方針明言

 夏の参議院選挙の際に、政党が決めた順位で当選者が決まる比例代表の「特定枠」について、自民党の甘利選対委員長は島根県の候補者を擁立する方針を明言しました。

 参議院選挙でいわゆる「合区」となる「鳥取・島根」選挙区の候補として、自民党は鳥取選出の現職を公認しています。「特定枠」については、6年前、島根選挙区で当選した島田三郎氏が立候補する予定でしたが、今月亡くなったことを受けて候補者の調整を進めていました。

 「一県代表の参院議員が一人であって然るべきで。誰を選出するか、選考していくかについては、党本部が主導で、県連とすり合わせをしながら進めていく、これは今後の作業です」(自民党 甘利明選対委員長)

 甘利選対委員長はこのように述べ、島根県の候補者を擁立する方針を明言しました。その上で、甘利氏は、候補者については今後、党本部で調整することとしています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

5月22日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月22日 19時02分

ニュース番組ダイジェスト

5月22日(水)の政治ニュース

5月21日(火)の政治ニュース

5月20日(月)の政治ニュース

5月19日(日)の政治ニュース

5月18日(土)の政治ニュース

5月17日(金)の政治ニュース

5月16日(木)の政治ニュース

5月15日(水)の政治ニュース

過去のニュース