0分44秒

米・車の追加関税、最大6か月先送りへ

 アメリカが輸入車などに対して追加関税を検討している問題で、トランプ政権は、この判断を最大で6か月間先送りする見通しとなりました。

 トランプ政権をめぐっては、安全保障上の脅威を理由に、海外から輸入している自動車や自動車部品に対し、追加関税をかけることを検討していて、その期限が今週18日に迫っていました。

 複数のアメリカメディアによりますと、トランプ政権は、日本やEU=ヨーロッパ連合との貿易交渉に悪影響を及ぼさないようにするため、この判断を最大で6か月間先送りする方針だということです。

 貿易交渉で中国との対立が激しくなる中、トランプ政権としては、日本やEUなどとも対立するのは得策ではないとの考えが働いたものとみられます。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

5月22日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月22日 20時02分

ニュース番組ダイジェスト

5月22日(水)の国際ニュース

5月21日(火)の国際ニュース

5月20日(月)の国際ニュース

5月19日(日)の国際ニュース

5月18日(土)の国際ニュース

5月17日(金)の国際ニュース

5月16日(木)の国際ニュース

5月15日(水)の国際ニュース

過去のニュース