0分51秒

丸山議員、改めて議員辞職否定

 北方領土をめぐる「戦争」発言で丸山衆院議員に対する辞職勧告決議案の提出が検討されていますが、丸山議員はツイッターで、改めて議員辞職しない考えを示しました。

 丸山穂高衆院議員は、北方領土へのビザなし交流に参加中、「戦争で島を取り返すことに賛成か、反対か」などと発言し、日本維新の会を除名されました。

 野党側は15日、丸山議員への辞職勧告決議案の提出を検討することで一致しました。これに対し、丸山議員は決議案が提出されれば、「相応の反論や弁明を行います」とツイッターに投稿。「言論の府が自ら首を絞める行為に等しい」などと強調した上で、「可決されようがされまいが任期を全うする」と改めて議員辞職しない考えを示しました。

 野党側は、決議案提出の主体となる党や提出の時期などについて、16日に協議することにしています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

5月22日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:5月22日 19時02分

ニュース番組ダイジェスト

5月22日(水)の政治ニュース

5月21日(火)の政治ニュース

5月20日(月)の政治ニュース

5月19日(日)の政治ニュース

5月18日(土)の政治ニュース

5月17日(金)の政治ニュース

5月16日(木)の政治ニュース

5月15日(水)の政治ニュース

過去のニュース