0分57秒

首都圏マンション価格、更に上昇 バブル期並み高水準

 2018年度に首都圏で発売された新築マンションの平均価格は2年連続で上昇し、5926万円となりました。これはバブル期並みの高い水準です。

 不動産経済研究所によりますと、2018年度に首都圏で発売された新築マンションの1戸あたりの平均価格は前の年度に比べて0.1%上がり、5926万円となりました。上昇は2年連続で、1990年以来のバブル期並みの高い水準が続いています。

 都心を中心とした高額物件の販売が好調で、東京23区の平均価格は7318万円となっています。一方で、発売戸数は3万6651戸と前の年度に比べて0.5%下がり、2年ぶりの減少となりました。

 不動産経済研究所は、「首都圏のマンションは駅に近い物件の引き合いが強く、今の高値がしばらく続く可能性が高い」と分析しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

4月23日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:4月23日 20時02分

ニュース番組ダイジェスト

4月23日(火)の経済ニュース

4月22日(月)の経済ニュース

4月19日(金)の経済ニュース

4月18日(木)の経済ニュース

4月17日(水)の経済ニュース

4月16日(火)の経済ニュース

過去のニュース