0分57秒

台湾 鴻海精密工業会長、来年の総統選挙出馬へ

 シャープを傘下に置く、鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘会長が来年1月の台湾総統選挙に出馬する意向を示しました。

 郭会長は電子機器受託メーカーとして世界最大の鴻海精密工業の創業者で、2016年に日本の大手電機メーカー、シャープを買収したことで知られています。

 郭会長は17日、報道陣に対して「神様が立候補を促した」と述べ、来年1月の総統選挙に野党・国民党の候補として出馬する意向を示しました。郭会長は16日、鴻海の会長職にはとどまるものの、経営の第一線からは手を引くと表明し、今後の動向が注目されていました。国民党は今後、予備選などを行って党の総統候補を決めることになります。

 一方、与党・民主進歩党側は、蔡英文総統と頼清徳前行政院長が党の予備選への出馬を表明しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

4月23日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:4月23日 21時02分

ニュース番組ダイジェスト

4月23日(火)の国際ニュース

4月22日(月)の国際ニュース

4月21日(日)の国際ニュース

4月20日(土)の国際ニュース

4月19日(金)の国際ニュース

4月18日(木)の国際ニュース

4月17日(水)の国際ニュース

4月16日(火)の国際ニュース

過去のニュース