1分22秒

韓国外務省、国会議長“天皇陛下の謝罪”発言を擁護

 韓国の国会議長が慰安婦問題をめぐり、天皇陛下が謝罪することが望ましいとの見解を示した発言について韓国外務省は12日、「日本側が心を込めた姿勢を見せる必要があるという点を強調する趣旨だった」と説明しました。

 この問題は、韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長がアメリカメディアのインタビューに対し、慰安婦問題をめぐり天皇陛下は「戦争犯罪の主犯の息子」などと発言し、天皇陛下が謝罪することが望ましいとの見解を示したものです。

 韓国・外務省の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は、12日の定例会見で文議長の発言について、「慰安婦被害者の名誉・尊厳および心の傷を癒すためには、日本側が心を込めた姿勢を見せる必要があるという点を強調する趣旨だったと理解している」と述べました。

 一方、韓国の聯合ニュースは、訪米中のムン議長が「日韓両国間の不必要な論争を望まないし、起きてはならない」と語ったと報道。天皇陛下を「戦争犯罪の主犯の息子」と発言したことに対しては、「インタビューの際、重要な地位にある指導者の心のこもった謝罪を強調する流れで飛び出した表現」と説明したということです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

2月18日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:2月18日 12時02分

ニュース番組ダイジェスト

2月18日(月)の国際ニュース

2月17日(日)の国際ニュース

2月16日(土)の国際ニュース

2月15日(金)の国際ニュース

2月14日(木)の国際ニュース

2月13日(水)の国際ニュース

2月12日(火)の国際ニュース

2月11日(月)の国際ニュース

過去のニュース