1分0秒

米高官がロシア外務省訪問、“非核化”めぐり協力要請か

 アメリカで北朝鮮問題を担当する政府高官がモスクワ入りし、ロシアの外務次官らと北朝鮮の非核化問題で協議し、ロシア側への協力を求めたものとみられます。

 モスクワのアメリカ大使館によりますと、アメリカ国務省で北朝鮮問題を担当するマーク・ランバート国務次官補代理代行が11日、モスクワ入りし、ロシアのモルグロフ外務次官と北朝鮮の核問題を担当しているブルミストロフ大使と協議しました。この中で「北朝鮮の完全な非核化を達成するための外交努力について」建設的な議論が行われたということです。

 また、ロシアメディアによりますと、ロシア外務省筋は「ロシアの北朝鮮に関する知識と専門性が、アメリカの中で求められている」とし、米朝首脳会談を前に、ランバート氏がロシア側の協力を求めたものとみられます。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

2月18日(月)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:2月18日 13時02分

ニュース番組ダイジェスト

2月18日(月)の国際ニュース

2月17日(日)の国際ニュース

2月16日(土)の国際ニュース

2月15日(金)の国際ニュース

2月14日(木)の国際ニュース

2月13日(水)の国際ニュース

2月12日(火)の国際ニュース

2月11日(月)の国際ニュース

過去のニュース