1分37秒

LA近郊で銃乱射12人死亡、容疑者は元海兵隊員

 アメリカ・ロサンゼルス近郊のバーで男が銃を乱射し、警察官を含めた12人が死亡しました。容疑者は元海兵隊員の男で、店内で死んでいるのが見つかりました。

 7日夜、カリフォルニア州ロサンゼルス近郊のサウザンドオークス市にあるバーに男が侵入し、銃を乱射しました。当時、バーでは大学生向けの音楽イベントが行われ、数百人の客がいたということで、警察官を含めて12人が死亡しました。また、容疑者の男は店内で死亡しているのが見つかりました。

 「煙が立ち上って銃声が聞こえた。逃げ惑う人たちが見えて、私も無我夢中で逃げた」(目撃者)

 地元警察によると、容疑者の男は現場近くに住む28歳の元海兵隊員で、PTSD=心的外傷後ストレス障害を抱えていた可能性があるということです。犯行の動機は分かっていません。

 地元メディアなどによりますと、男は母親の車を運転してバーを訪れ、発煙筒のようなもので店に煙を立ち込めさせてから、何も言わずに拳銃を何十発も撃ち続けたということです。トランプ大統領は、銃乱射事件の被害者やその家族に追悼のコメントを出しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

11月15日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:11月15日 4時02分

ニュース番組ダイジェスト

11月15日(木)の国際ニュース

11月14日(水)の国際ニュース

11月13日(火)の国際ニュース

11月12日(月)の国際ニュース

11月11日(日)の国際ニュース

11月10日(土)の国際ニュース

11月9日(金)の国際ニュース

11月8日(木)の国際ニュース

過去のニュース