1分13秒

バンクシー、パレスチナ描いた作品を観光見本市で公開

 オークションで作品を細断して話題となった覆面アーティスト・バンクシーが、今度は一風変わった場所に作品を置きました。

 ロンドンで開かれた観光見本市です。

 「各国が様々なスタンドを出す中で、ひときわ賑わっているのが、パレスチナのスタンドです」(記者)

 置かれていたのは、イスラエルがパレスチナ自治区に建てた分離壁にバンクシーが描いた作品のレプリカです。これは、去年、分離壁のそばにバンクシーのプロデュースでオープンした通称「世界一眺めの悪いホテル」のPRです。

 「皆さん興奮しています。たくさんの人が訪れて、バンクシーの作品を見て我々のホテルを知ってもらえて大成功です」(世界一眺めの悪いホテル ウィサム・サルサア支配人)

 バンクシーは、イスラエルの監視塔を遊園地の乗り物に見立てた観光ポスター風の作品も発表。「パレスチナにいらっしゃい。イスラエル軍も気に入って全然出て行かない」と、イスラエルによる占領を皮肉っています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

11月15日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:11月15日 19時02分

ニュース番組ダイジェスト

11月15日(木)の国際ニュース

11月14日(水)の国際ニュース

11月13日(火)の国際ニュース

11月12日(月)の国際ニュース

11月11日(日)の国際ニュース

11月10日(土)の国際ニュース

11月9日(金)の国際ニュース

11月8日(木)の国際ニュース

過去のニュース