0分48秒

セッションズ米司法長官を事実上解任、ロシア疑惑で対立

 与党・共和党が中間選挙で下院の多数派を失ったなか、アメリカのトランプ大統領は、関係が悪化していた司法長官を事実上解任し、政権強化を急いでいます。

 トランプ大統領はツイッターで、セッションズ司法長官の辞任を発表しました。大統領選で、上院議員としては最初にトランプ氏の支持を打ち出したことで司法長官に起用されたセッションズ氏ですが、トランプ氏が期待していたロシア疑惑をめぐる司法省の捜査のブレーキ役とはならず、怒りを買っていました。

 中間選挙後の交代が濃厚とみられてきたなか、政権強化を急ぐトランプ氏が事実上解任したかたちです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

11月15日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:11月15日 19時02分

ニュース番組ダイジェスト

11月15日(木)の国際ニュース

11月14日(水)の国際ニュース

11月13日(火)の国際ニュース

11月12日(月)の国際ニュース

11月11日(日)の国際ニュース

11月10日(土)の国際ニュース

11月9日(金)の国際ニュース

11月8日(木)の国際ニュース

過去のニュース