3分16秒

スマホで簡単、上海で電気自動車シェアが本格化

 電気自動車大国を目指す中国では、電気自動車の本格的なシェアサービスが始まっています。スマートフォンを使って簡単に利用できるのが特徴ですが、上海でその現場を取材しました。

 「手軽に利用できるということで今やすっかり定着したシェア自転車。そして今、急速に広まっているのがシェア電気自動車です」(森岡紀人記者)

 上海市内で最近、よく目にするシェア電気自動車「EVCARD」。特徴は白い車体に緑のロゴ。2ドアのコンパクトタイプ、SUV、セダンの3種類があり、現在、市内4000か所の駐車場に8000台が配置されています。

 使い方は簡単。スマートフォンで専用のアプリを開くと地図上に利用できるポイントと使える車の台数が表示され、乗る場所を決めた後、車種を選び予約を入れます。最も小さい車で、料金は1分およそ10円。その乗り心地は、100%電気で動くため車体の揺れが小さく、スムーズに加速できるという特徴があります。しかし、ボディーがへこんでいたり、ナンバープレートが外れそうな車もあります。中には、車内にごみが残されているものも。市内にある専用の駐車場であればどこから乗ってどこに返しても良いため、「手軽な移動手段」として利用する人が少なくありません。

 「1日に2回、週に10数回使っています。通勤や週末遊びに行く時も使っています」(利用者)

 「地下鉄やバスだと通勤に2時間ほどかかっていましたが、車だと1時間くらいなのでとても便利です」(利用者)

 「EVCARD」は2020年までに30万台を中国各地に配置する計画ですが、多額の投資の裏には中国政府の後押しがあると言います。

 「(中国)政府は金銭面や人脈面で大きな支援をしてくれています。例えばシェアカーを置く場所について間に入って交渉してくれて、市中心部の高級ホテルには無料で車を置けるようになりました」(「EVCARD」広報・陸萍さん)

 中国政府は電気自動車事業に力を入れていて、いまや中国国内にある電気自動車はおよそ130万台、世界のおよそ4割にあたります。都市部で急速な広がりを見せるシェア電気自動車。その背景に、電気自動車ビジネスで世界のトップを走るという中国の狙いが見えてきます。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

10月21日(日)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月21日 13時02分

ニュース番組ダイジェスト

10月21日(日)の国際ニュース

10月20日(土)の国際ニュース

10月19日(金)の国際ニュース

10月18日(木)の国際ニュース

10月17日(水)の国際ニュース

10月16日(火)の国際ニュース

10月15日(月)の国際ニュース

10月14日(日)の国際ニュース

過去のニュース