1分11秒

アンワル元副首相が政界復帰、マレーシア下院補選

 マレーシア議会下院の補欠選挙が行われ、マハティール首相が“後継者”と公言しているアンワル・イブラヒム元副首相が当選し、3年6か月ぶりの政界復帰を果たしました。

 マレーシアでは13日、中部ポートディクソンの選挙区で議会下院の補欠選挙の投票が行われ、アンワル・イブラヒム元副首相(71)が他の候補を圧倒して当選しました。アンワル氏は2015年に同性愛行為の罪で有罪判決を言い渡され、国会議員を失職しており、3年6か月ぶりの政界復帰となります。

 マレーシアでは今年5月、政権交代があり、2003年まで22年間にわたり長期政権を担ったマハティール氏(93)が現在、首相になっていますが、「2年以内に首相職を退き、アンワル氏に譲る」と公言しています。

 マハティール首相とアンワル氏はかつて対立していたものの、現在は和解していて、今後、どのタイミングで“禅譲”が行われるか、注目されます。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

10月21日(日)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月21日 13時02分

ニュース番組ダイジェスト

10月21日(日)の国際ニュース

10月20日(土)の国際ニュース

10月19日(金)の国際ニュース

10月18日(木)の国際ニュース

10月17日(水)の国際ニュース

10月16日(火)の国際ニュース

10月15日(月)の国際ニュース

10月14日(日)の国際ニュース

過去のニュース