1分27秒

NYダウ500ドル超下落で東京市場は

 「世界同時株安」への懸念が続いています。2日連続でアメリカの株価が大幅に下落したことを受け、12日朝の東京株式市場でも株価が値下がりしました。東証アローズからの報告です。

 11日は一時、1000円を超える大幅な値下がりとなった日経平均株価ですが、12日も値下がりが続いています。

 背景にあるのはアメリカでの大幅な株安です。アメリカの長期金利が高い水準にあることや、米中の貿易摩擦への懸念から、11日のニューヨーク市場でダウ平均株価は500ドル以上下落しました。この2日間で1300ドル以上値下がりしたことになります。これを受け、都内の証券会社には投資家からの問い合わせが相次ぎました。

 「まだご心配おかけしますが、もうちょっと様子を見ながら案内させていただきます」

 株価の下げ幅は一時、250円を超え、結局、午前は11日より102円安い2万2488円で取引を終えています。

 市場関係者は、「アメリカ経済は堅調なので、一時的な値下がりに過ぎない」と分析しています。ただ一方で、激しさを増す米中貿易摩擦などリスク要因も多く、市場が落ち着きを取り戻すのはまだ先になりそうです。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

10月19日(金)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月20日 0時02分

ニュース番組ダイジェスト

10月19日(金)の経済ニュース

10月18日(木)の経済ニュース

10月17日(水)の経済ニュース

10月16日(火)の経済ニュース

10月15日(月)の経済ニュース

10月13日(土)の経済ニュース

10月12日(金)の経済ニュース

過去のニュース