1分6秒

グーグル50万人分の情報流出か、把握したのは半年以上前

 アメリカのIT大手「グーグル」は8日、最大50万人分の個人情報流出のおそれがあると発表しました。グーグルがこの事実を把握したのは、半年以上前でした。

 グーグルは8日、ソフトウェアの不具合から、交流サイト「グーグル+」の利用者最大50万人の個人情報が外部流出するおそれがあったことを発表しました。利用者が公開していない名前やメールアドレス、職業などが外部から見られるおそれがあったということです。

 グーグルは今年3月に社内調査で問題を把握していましたが、「情報が悪用された証拠が見つかっていなかったため、公表しなかった」としています。しかし、ウォールストリート・ジャーナルは、グーグルに対する規制強化や企業イメージが悪くなることを恐れて事実を隠蔽していたと指摘しています。

 グーグルは今回の問題を受け、「グーグル+」のうち個人向けのサービスについて、来年8月末までに終了することも明らかにしています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

10月16日(火)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:10月16日 23時02分

ニュース番組ダイジェスト

10月16日(火)の国際ニュース

10月15日(月)の国際ニュース

10月14日(日)の国際ニュース

10月13日(土)の国際ニュース

10月12日(金)の国際ニュース

10月11日(木)の国際ニュース

10月10日(水)の国際ニュース

10月9日(火)の国際ニュース

過去のニュース