1分20秒

自民総裁選、憲法改正問題について論戦

 自民党総裁選挙をめぐり安倍総理と石破元幹事長はインターネットの討論番組に出演し、争点のひとつである「憲法改正」について意見を戦わせました。

 安倍総理と石破元幹事長は16日、インターネットの討論番組で、憲法改正の国民投票に必要な「2分の1の賛成」をめぐり議論を展開しました。

 「国民投票の2分の1。だけどそれが51対49ということは避けるべき。やはり6割、できれば7割に近いご賛成をいただきたい」(自民党・石破茂 元幹事長)

 「憲法にそういう規定があるんですから、そのルールを変えてハードルを高くするのは、私は間違っていると思う。できるだけ多くの国民に訴えかけ、理解を得る努力を私たちが必死にやっていって、過半数が取れるかどうかということ」(安倍首相)

 また、憲法改正の時期について、安倍総理は「ひとつの目安として臨時国会までにはと申し上げている」と述べたのに対し、石破元幹事長は「スケジュールありきだとは思っていない。手続きをきちんと踏むのは民主主義の基本だ」と反論しました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

9月21日(金)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月21日 14時02分

ニュース番組ダイジェスト

9月21日(金)の政治ニュース

9月20日(木)の政治ニュース

9月19日(水)の政治ニュース

9月18日(火)の政治ニュース

9月17日(月)の政治ニュース

9月15日(土)の政治ニュース

9月14日(金)の政治ニュース

過去のニュース