3分6秒

日本メディア初取材、北朝鮮の金メダルアパート

 先週、建国70年を迎えた北朝鮮。スポーツ選手たちは国の威信を背負った硬いイメージが付きまといますが、JNNは日本メディアとしては初めて金メダリストらの自宅を訪れ、その暮らしぶり取材しました。井上波記者の報告です。

 今月9日、北朝鮮の建国70周年を記念して行われた軍事パレード。戦車やミサイルに続いて行進した市民たちの中に、ひときわ目を引く集団がいました。

 北朝鮮では国際大会で優秀な成績を収めた選手たちは、様々な恩恵を受けられます。

 平壌(ピョンヤン)市内の一等地にあるアパート。実は金メダリストだけが住んでいる、いわば“金メダルアパート”なんです。

 リム・ジョンシムさん(25)とウンシムさん(22)の姉妹は、ともに重量挙げの選手です。

 「私が取った2つの金メダルです。これがロンドンでリオデジャネイロ」(姉のジョンシムさん)

 姉のジョンシムさんは、女子75キロ級に出場したリオ・オリンピックで、圧倒的な強さでロンドンに続く2連覇を達成しました。200平米以上あるこのアパートだけでなく、テレビや冷蔵庫、家具から食器まで、家の中にあるものはほとんど国から贈られたものだといいます。

 パレードの際も1列目で行進していたジョンシムさん。金正恩(キム・ジョンウン)党委員長は国威発揚の手段としてスポーツに力を入れてます。

 「次女はカヤグム(琴)を習っていたのに、姉を見て重量挙げを始めたんです」(母親)

 姉は9歳、妹は8歳で親元を離れて国の訓練所に入りました。以来、自宅に帰れるのはせいぜい数か月に1度だと言います。

 子どものころから競技一筋で、オシャレには興味が無いというふたりですが、部屋を見せてもらうと、20代にしては少し幼い素顔がのぞきます。

 「これがお父さんで、さっきのが私。これがお母さんで、これが妹」(姉のジョンシムさん)

 妹のウンシムさんは、先月のアジア大会などで数多くの金メダルを獲得していますが、オリンピックではまだ無冠。姉妹の今の目標はただひとつです。

 「2人の目標は、もちろん東京オリンピックで金メダルを取ることです」(姉のジョンシムさん)

 時に政治に翻弄されてきた北朝鮮のアスリートたち。そのまなざしは、既に2年後の東京に向けられています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

9月21日(金)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月21日 14時02分

ニュース番組ダイジェスト

9月21日(金)の国際ニュース

9月20日(木)の国際ニュース

9月19日(水)の国際ニュース

9月18日(火)の国際ニュース

9月17日(月)の国際ニュース

9月16日(日)の国際ニュース

9月15日(土)の国際ニュース

9月14日(金)の国際ニュース

過去のニュース