1分13秒

三浦正充氏が新警視総監就任

 首都・東京の治安を守る警視庁のトップ、警視総監に三浦正充氏が就任しました。

 三浦正充新警視総監(58)は1982年に警察庁に入庁、大阪府警本部長や警察庁次長などを歴任しています。執務室で吉田尚正前警視総監と引き継ぎを行い、記者会見で抱負を語りました。

 「職員には『期待と信頼に応える警視庁』を目指していこうと呼びかけたところであります。都民・国民の期待と信頼に応えていきたいと考えています」(三浦正充 新警視総監)

 今後は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた警備体制や交通対策の整備などが課題となります。

 一方、吉田前警視総監(57)は印象に残った事件として、神奈川県座間市の9人殺害事件を挙げ、「適切な初動捜査により犯人を検挙し、以後の被害を防止することができた」と話しました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

9月19日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月19日 21時02分

ニュース番組ダイジェスト

9月19日(水)の社会ニュース

9月18日(火)の社会ニュース

9月17日(月)の社会ニュース

9月16日(日)の社会ニュース

9月15日(土)の社会ニュース

9月14日(金)の社会ニュース

9月13日(木)の社会ニュース

9月12日(水)の社会ニュース

過去のニュース