1分3秒

プーチン氏“提案”首脳会談で伝えられず「突然」

 ロシアのプーチン大統領が北方領土問題を事実上棚上げし、日ロ平和条約の年内締結を提案したことについて外務省は、この提案が直前の首脳会談でも伝えられず、「突然」だったと認めました。

 「(提案直前の)首脳会談では、このようなやり取りはなかった。突然と言えば突然と理解している」(外務省担当者)

 国民民主党のヒアリングで外務省はプーチン氏の提案が突然だったと認めましたが、“北方四島の帰属の問題を解決し、平和条約を締結する”という日本の立場について、ロシア側が「承知している」との認識も示しています。

 一方、安倍総理はプーチン氏が平和条約について「意欲を示したのは間違いない」として、11月と12月の国際会議に合わせて行われる予定の日ロ首脳会談が「重要になっていく」と述べました。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

9月19日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月19日 22時02分

ニュース番組ダイジェスト

9月19日(水)の政治ニュース

9月18日(火)の政治ニュース

9月17日(月)の政治ニュース

9月16日(日)の政治ニュース

9月15日(土)の政治ニュース

9月14日(金)の政治ニュース

9月13日(木)の政治ニュース

9月12日(水)の政治ニュース

過去のニュース