1分7秒

「川越市議がセクハラ」市の女性職員が処分求め要請書

 埼玉県川越市議会の男性議員からセクハラを受けたとして、市の女性職員が厳重な処分を求める要請書を議会に提出しました。

 代理人弁護士によりますと、川越市の30代の女性職員は、新井喜一市議(68)から今年4月以降、懇親会で飲酒を無理矢理勧められたうえ、太ももをなでられるなどのセクハラ被害を受けたとして、14日、処分を求め議会に要請書を提出しました。

 女性は職場の上司に相談をしたものの状況は変わらず、その後も新井市議から、「男に抱かれるっていいだろう」などと繰り返し発言されたということです。

 「(セクハラ受けた際)正直気持ち悪い、本当に嫌だという気持ちでした。私なんかが抵抗したら、残りの役所人生、どんな不遇な扱いを受けるかと思うととても怖くて抵抗することはできませんでした」(セクハラ被害を訴える女性職員)

 新井市議は現在8期目で、議長を2回務めたこともあります。新井市議は「私は相手方に卑猥な言葉を投げかけた事実はありません」などとコメントし、セクハラ行為を否定しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

9月19日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月19日 21時02分

ニュース番組ダイジェスト

9月19日(水)の社会ニュース

9月18日(火)の社会ニュース

9月17日(月)の社会ニュース

9月16日(日)の社会ニュース

9月15日(土)の社会ニュース

9月14日(金)の社会ニュース

9月13日(木)の社会ニュース

9月12日(水)の社会ニュース

過去のニュース