1分2秒

聖路加国際病院の40代男性牧師、強制わいせつ容疑で書類送検

 聖路加国際病院で患者の心のケアをする40代の男性牧師が、相談を受けていた患者の女性の胸を触るなどしたとして書類送検されました。

 強制わいせつの疑いで書類送検されたのは、東京・中央区にある聖路加国際病院で患者や家族の心のケアをする40代の男性牧師です。男性牧師は去年5月、病院内の牧師の控え室で患者の女性に抱きついて胸を触るなど、わいせつな行為をした疑いが持たれています。

 病院では、心のケアを専門とする「チャプレン」と呼ばれる聖職者を5人、配置していて、男性牧師は5年前から非常勤のチャプレンとして勤務していたということです。病院は、「わいせつ行為の有無について、事実関係を確認中です」とコメントしています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

9月19日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月19日 22時02分

ニュース番組ダイジェスト

9月19日(水)の社会ニュース

9月18日(火)の社会ニュース

9月17日(月)の社会ニュース

9月16日(日)の社会ニュース

9月15日(土)の社会ニュース

9月14日(金)の社会ニュース

9月13日(木)の社会ニュース

9月12日(水)の社会ニュース

過去のニュース