1分34秒

ムーア監督の反トランプ映画「華氏119」、NYで先行公開

 アメリカのマイケル・ムーア監督によるトランプ大統領を題材にした新作映画「華氏119」が、ニューヨークで先行公開されました。

 「こちらの映画館では、21日から全米公開されるマイケル・ムーア監督の新作映画が、いち早く上映されています」(川西全記者)

 ムーア監督の代表作「華氏911」とトランプ氏が大統領選で勝利宣言をした2016年11月9日にちなんで名付けられた映画「華氏119」。この映画では、見落とされているアメリカの政治の現実を紹介した上で、政権打倒に向け特に民主党の急進派や若者に奮起を促す内容となっています。

 「挑発的で醜くて啓発的で、悲惨な現実もあったわ」(「華氏119」を見た客)

 「(Q.トランプ氏はどんな存在ですか?)これまで映画一本とブロードウェイの劇をやったけど、トランプは倒せなかった。だからこの映画でもう一度トランプに挑むんだ。うまくいくか見てみよう」(マイケル・ムーア監督)

 一方、トランプ大統領の側近だったスティーブ・バノン元大統領補佐官も、親トランプ色の強いドキュメンタリー映画を公開するなど、11月の中間選挙を前に映画を通じた「代理戦争」が起きています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

この記事の関連ニュース

9月20日(木)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月20日 21時02分

ニュース番組ダイジェスト

9月20日(木)の国際ニュース

9月19日(水)の国際ニュース

9月18日(火)の国際ニュース

9月17日(月)の国際ニュース

9月16日(日)の国際ニュース

9月15日(土)の国際ニュース

9月14日(金)の国際ニュース

9月13日(木)の国際ニュース

過去のニュース