0分57秒

政府の景気判断、「据え置き」でも「災害に十分留意」

 政府は、今月の月例経済報告で、従来の景気判断を据え置きました。一方で、先行きについては、北海道の地震など相次いでいる災害の影響に「十分留意する必要がある」と指摘しました。

 「相次いでいる自然災害の経済に与える影響に、十分留意する必要があると考えています」(茂木敏充経済再生相)

 政府は今月の月例経済報告を発表し、現在の景気判断については「緩やかに回復している」として、従来の判断を9か月連続で据え置きました。

 一方で、先行きについては、米中の貿易摩擦など「通商問題の動向が世界経済に与える影響」のほか、台風21号や北海道の地震による被害などを念頭に、「相次いでいる自然災害の経済に与える影響」に留意する必要があるとしています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

9月19日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月19日 22時02分

ニュース番組ダイジェスト

9月19日(水)の経済ニュース

9月18日(火)の経済ニュース

9月17日(月)の経済ニュース

9月16日(日)の経済ニュース

9月14日(金)の経済ニュース

9月13日(木)の経済ニュース

9月12日(水)の経済ニュース

過去のニュース