1分1秒

元スパイ襲撃容疑のロシア人2人、関与を否定

 イギリス当局が、ロシア人元スパイの暗殺未遂事件の容疑者と断定したロシア人の男2人が、ロシアの政府系テレビで事件への関与を否定しました。

 今年3月、イギリス・ソールズベリーでロシア人の元スパイと娘が神経剤で襲撃された事件で、イギリス当局は先週、容疑者について、ロシア人のアレクサンドル・ペトロフ容疑者とルスラン・ボシロフ容疑者と断定し、2人の写真を公開しました。

 「以前から友人にすばらしいソールズベリーを訪れるよう勧められていたのです」(ペトロフ容疑者)

 ロシアの政府系テレビに出演した2人は、写真や名前は自分達のものだと認めた上で、事件当日、ソールズベリーを訪れたのは「偶然」で、「有名な大聖堂を見たかったからだ」と主張し、事件への関与を否定しました。

 また、イギリス政府は2人をロシア軍の情報機関の職員だとしていますが、2人はこれを否定し、健康関連ビジネスに携わっていると主張しました。イギリス政府は、2人の主張を「嘘だ」と一蹴しています。

注目キーワード(クリックして記事一覧へ)

9月19日(水)のヘッドライン

TBS NEWS アクセスランキング

更新日時:9月19日 21時02分

ニュース番組ダイジェスト

9月19日(水)の国際ニュース

9月18日(火)の国際ニュース

9月17日(月)の国際ニュース

9月16日(日)の国際ニュース

9月15日(土)の国際ニュース

9月14日(金)の国際ニュース

9月13日(木)の国際ニュース

9月12日(水)の国際ニュース

過去のニュース